時間の無駄

賽の河原みたいな作業の最中に思いついた帰ったらあれやろう、土日はこれやろうみたいなことを結局全部やらない。 毎日が試験前日みたいになってきた。

寒い

これを乗り越えたらあれが待ってるとかあれを励みにこれを頑張るとかいう考えが一切できない 楽しいことと嫌なことは全くの別々のことだと思う のはずが楽しいことをしてても嫌なことが頭をよぎってしまう、逆はないのに

夢日記

自分がカラオケ歌ってる動画の音声をバックにカラオケしながら「永久機関じゃん!」って叫んで爆笑してたら自分の笑い声で目が覚めた 素敵な9月になるといいですね

7月12日

こんなはずじゃなかった そんな考えに頭を支配されたまま数年が過ぎた 見知った人間がそれと同じ年月だけ、自分の知らない毎日を過ごしてきたという動かしようのない事実に目を背けたくなる かつて俺の周囲にいた人間は今頃どうしているのだろうか 知りたく…

誰も自分に興味ないってわかってるのに人の目を気にしてしまう

ミスチル

EVERYTHING→50点 あんまり聴かない Kind of Love→70点 楽しそう Versus→ちゃんと聴いてない Atomic Heart→50点 イノセントワールドのワンマンチーム 深海→95点 ブックオフ500円棚界の帝王 BOLERO→70点 似非ベスト DISCOVERY→95点 傑作 Q→95点 名盤 IT'S A WO…

物事が自分の思い通りにいかないとき、苦痛ともどかしさに顔をしかめるまさにそのとき、裏腹に心の奥底で少しほっとしませんか? 理不尽なことを強いられたとき、人に裏切られたとき、思いがけない災難に見舞われたとき…出来れば避けて通りたいと嘘偽りなく…